小金井書房ブログ

孤独、静か

患者が病院と医者に求めている本当のこと

 

f:id:koganeisyobou:20210809111037j:plain

 

実は多くの人が医者に求めている要素

 人との日常会話の中で、病院についての話になることがあります。あそこの病院はあまりよくない、あそこは評判がいい、などという話になるのですが、その中で、ではどんな病院がいい病院か、どういう病院に行きたいかという話になったときに必ずと言っていいほどよく聞くことがあります。

 それは、医者は腕は普通でいいから、とにかく話しやすい人がいい、ということです。

  話しやすい医者というのは、具体的にどういう人かというと、プライドが高かったり高圧的だったりするような気難しい人物ではなく、こちらが気軽に相談しやすいような、簡単に言えば感じの良い医者ということです。

  よく、「あそこの病院は絶対行かない方がいい」と言う人がいますが、その人の話を聞いてみると、多くの場合、そこで治療して症状が治らなかったというわけではないようです。そうではなくて、主に医者やスタッフとのやり取りで不愉快な思いをしたということなのです。

 

 私たちは日常の中で内科や皮膚科、歯科等にかかる時、多くの場合、特別な名医を求めているわけではありません。最新の医療設備や特別優れた治療を求めているわけでもありません(あるに越したことはないですが)。

患部は最低限治ればそれでよくて、それよりも、病院にはただ安心して話せるような、感じの良い医者を求めているのです。

 そして、どうもその一番肝心なことを、医者という立場の人たちは案外わかっていないと感じます。

というのも、私もこれまでの人生で色々な病院に行ったり、周囲の人の話を聞いたりしてきて、感じの良い医者というのは案外多くはない(特に個人医院においては)のだということを実感したからです。

 つい先日も、私がある病院(個人医院)の待合室で座っていたら、医者の威圧的な態度に怒ったという女性の患者が診察室から出て来て、受付でさんざん苦情を言って帰って行ったという光景を目にしました。

まあ、その病院の先生についてはそれほど感じが悪いと私は思いませんし、その患者の感情的過ぎる物言いの方がむしろいかがなものかと思いましたが、初めての病院に行く時というのは患者は割とナーバスになっているもの。

私たちが日常で行く病院に一番求めているのは、腕よりもむしろ人柄や感じの良さ。

そのことを、病院の先生方にも理解していただけたらと思うことがよくあります。

 

なぜ感じの良くない医者が割と多いのか

 さて、ではなぜ、感じの良い医者は案外少ないのでしょうか。

そういえば、弁護士や税理士についても、同じような話を聞いたことがあります。

個人で仕事をしている私の知り合いの人は、弁護士や税理士と関わる機会が結構あるそうなのですが、感じの良い弁護士や税理士がいなくて嫌になると以前こぼしていました。現在仕事で付き合いのある税理士の人も、プライドが高く威圧的な感じの人で、こちらがご機嫌を伺わなければならないような関係で緊張するのだそうです。

 これはその知り合いの見解なのですが、医者や弁護士、税理士といった、資格を取得するのが難しいとされている仕事に就いている人というのは、プライドが高くなる傾向があるとのことでした。どうも傲慢で偉そうになってしまうのだそうです。

特に、組織に所属するのでなく個人で経営をするようになると、一国一城の主のようになり自分が一番上の立場ですので、自ずと不遜な態度になりやすくなってしまうのかもしれません。

 

 そんな、あまりイメージの良くないところもある個人経営者ですが、私が知っている内科の個人医院で、地元でかなり人気のある病院があります。

どういう先生がやっている病院なのかというと、特にものすごく名医という感じではありません。印象としては、年配の町の普通のお医者さんです。

 しかし、人柄がものすごく穏やかで、とても話しやすいという特徴があります。相手が若い人でも丁寧なことばで話し、こちらの話に深く耳を傾けてくれます。

そんな先生に診察室で症状について話を聞いてもらうだけで、不思議と安心した気持ちになり、その時点で症状の半分以上は治ったかのような気持ちになるのです。

 病院に行く時、私たちは無意識に緊張しています。身体に何らかの症状を抱えており、不安を感じているのです。

ですから、この安心こそが、患者が一番求めているものと言えるかもしれません。

そんな、人が一番求めていることに応えているこの先生の仕事ぶりこそ、真のプロフェッショナルだと私は思っています。

そして、そういう人は、やはり多くの人から必要とされているのです。

 

 私は、普段行くスーパーのレジでも、作業の早さだけを追求してその他が疎かになっている店員よりも、丁寧で感じの良い店員さんのところに自然と並びます。

全ての人が、仕事やサービスに対して機能を第一に求めているわけではありません。

感じの良さや人柄といった、人によっては軽視しがちなものが、人間が相手の仕事においてはいかに重要なことであるか。

そのことを、地元で人気のそのお医者さんの仕事ぶりから感じます。