小金井書房ブログ

平安、孤独、楽しさ

孤独な古賀富士男の失踪

『孤独な古賀富士男の失踪』 ②

眩しい。久しぶりに家の外に出て感じたのはそれだった。

『孤独な古賀富士男の失踪』 ①

今日も朝からずっと布団の中にいる。カーテンの向こうは、もうかなり明るい。部屋の時計を見ると、午前十一時を過ぎていた。

新刊『孤独な古賀富士男の失踪』 出版のお知らせ

“人生に嫌気がさした孤独で冴えない中年男の逃避行”